雨の日曜日

冷たい雨が降って・・・

 先週の日曜日に息子が風邪で高熱を出した後、今度は私が風邪を移されたのか2,3日喉が痛く、昨夜は熱が出て、鼻水、頭痛と、風邪の諸症状が現れてきました。
 めったに風邪も引かず医者にも行かないので、いつもは高い国保税を納めているのももったいないなと思うくらいですがやはりたまには風邪も引きます。
 しかし風邪引きでも休めないのが議員の仕事です。一昨日は小・中学校の視察に行きました。中学校では校長先生と懇談会となり、現場のご苦労や、子ども達の実態など話していただきました。
 いまやんちゃな1,2年生も必ず変わる、子どもは変わるものなのだという限りない子どもへの信頼に満ちた言葉に救われる思いがしました。
 午後うかがった小学校は、人口増の中で、子どもの数も多く学校予算の少ない中で、子ども達にとってどうすればよい教育環境をつくっていけるのか悩んでおられました。せめて、学校教育には、お金の心配なく教育環境を整えられるような町田市であってほしいものだと思いました。
 夜は、町田市商店街連合会と議員連盟の会合に出席。商店の皆さんが今一番困っているのは車の駐車取締りの強化で、5,6分の駐車でも駐車違反で15000円もの罰金となってしまうため、お客さんが減ってしまうことだとか。深刻な問題です。
 道路にコインパーキングをつくるなり、何かよい手立てはないものかと模索中とのこと。また、多摩都市モノレールの多摩センターから町田までの延伸問題、夜の繁華街などでの客引き、ビラ配布などの問題などが出されました。
 町田が魅力的な町になるためには、昼でも、夜でも安心していくことの出来る町になることです。
 先日多摩センターに買い物に行きましたが、ちょうど、ハロウィンのお祭りのときで、魔女の格好をした子どもと一緒の親子連れでごった返していました。
 今頃はもう、クリスマスのイルミネーションが飾られ、人々が見にやってきているでしょう。行きたくなる町。そういう町に町田もなると良いなと思います。
 昨日は土曜日。午前中は、団地の配水管の掃除のために、順番が来るまで家に居たのですが、お昼になって、「町田偲ぶ会」に出席しました。
 国民救援会町田支部が毎年開いている、解放運動半ばで亡くなった方々を偲び、遺志を受け継ぎ残されたものがこれからも頑張ろうという集いです。
 思い返してみれば、随分いろいろな方が昨年も亡くなりました。いつまでもその方々のことを忘れず、私たちも生きている限り頑張らなければと思いました。
 午後2時からは、新婦人の支部委員会に出席。私にとっては古巣ですが、運動は変化し、担い手も変化していることを実感しました。
 そして今日は、雨の日曜日、一日会議でした。一気に初冬の気配です。冷たい雨は、風邪を悪化させたような気がします。なんだか急に井上陽水の「傘がない」を口ずさんでいました。今日こそは早く寝なければ・・・・。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-11-19 21:11