金木犀 香る朝

陽射しは強いけど秋の風

 朝目覚めると開け放ったガラス戸の向こうには晴れわたった青い空、金木犀の香りが秋の訪れを知らせてくれました。
 朝晩の風が冷たくなるころ、亡くなった息子はよく喘息の発作を起こし、苦しがっていました。それでも、めったに毎朝のしんぶん赤旗の配達を休むことはありませんでした。
 秋のお彼岸ですから今日は父母のお墓参りに行く予定だったのですが、一緒に行くことになっていた義妹の叔母さんのお葬式になってしまい、延期しました。
 というわけで、朝から、不燃ごみを出し、布団干し、洗濯と主婦の仕事に精を出しています。
 
 家庭ごみが有料化されてそろそろ1年。検証するためのアンケート調査が行われますが、、これ以上減らしようがないというのが実感です。
 生ごみの量は減っても、プラスチック類は一向に減りません。スーパーに買い物に行くとトレイの肉などを備え付けのポリ袋に入れてトレイは捨てている人を見ます。
 衛生面でどうなのかなと思いますが、生活防衛なのでしょう。
 家庭系ごみは減ったと担当者は言います。燃えないごみなどは、確かに、昨年9月に駆け込みで出した人も多く、10月からの量は、減っていると思います。
 我が家でも今日で11枚目の袋です。今日は錆びたタオル掛けを出したので長いため、80円の袋で出さざるをえませんでした。
 事業系ごみは反対に増えています。結局ごみの総量は減らず、増えたのはゴミ袋の売り上げ。
 9月補正で、廃棄物資源化基金に1億円以上の積み増しを行いました。1年で5億以上の純益が出たということです。
 市民の暮らしが大変なときに、市民負担を増す有料化には反対しましたが、基金はしっかりと市民の声を聴いて使ってほしいものです。

 さて、「純情きらり」もいよいよ大団円です。来週の予告が一番早く載るのが、あかはた日曜版です。今日出張所で仕分けされます。まだ日曜版を読んだことのない方にお勧めします。最後の週はどうなるのでしょうか?おたのしみ・・・!
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-21 11:35