Yさん安らかに

Yさんの93歳の生涯にお別れしました。

 夕方から、地域の仲間であるYさんのお通夜に行きました。93歳で一生を閉じたYさん。
 九州の熊本の生まれで、気骨のあるおばあちゃんでした。
 昨年の正月には、青年達の餅つきの指導に来てくださり、一生懸命、返しをしてくださったのです。青年達があまりに何も知らず、手も出せないくらいYさんの活躍はすばらしかったのですが「いまどきの若い者は・・・」と怒ってしまわれ、誤解を解くのに大変でした。
 でも、「若い者が頑張らないと」といつも言い続けておられました。
 民謡が大好きで、地域のお食事会の余興で、おてもやんを歌う姿は90を越した人とは思えませんでした。
 娘さん一家と同じ敷地の中に住んでおられましたが、娘さんのだんな様が最近なくなり、自分の体調より娘さんのことを心配しておられました。
 先日、夕方の地震のあった日、椅子に腰掛けたままなくなっていたそうです。大往生といえるでしょう。
 権力や、戦争にはいつも反対だといっていたYさん。天国でもしっかり者のYさんでいてください。長い間ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-03 23:16