今日は千年目の日

我が家の亀が死にました。

 それは9年前の梅雨時でした。都議会議員選挙の真っ最中だったと思います。共産党の地区委員会の前の道路を歩いていたのです。小さなクサガメでした。
 車にひかれてはいけないと、ガラスの小鉢に入れて家につれて帰り、プラスチックの飼育箱の中に砂や石をいれ水を入れて飼うことにしました。
 まだ、下の息子が小学生でした。
 亀フードで育てましたが、本当によく食べ、その食べ方は、意外に獰猛でガメラという怪獣のようでお世辞にもかわいいとはいえませんでしたが、水槽も大きくして、水がえや亀の甲羅のこけ落とし(?)冬場に冬眠をさせるのも私の役目でした。
 あれから9年が過ぎました。今年、冬眠から覚めると、どういうわけか、石の上にいることが多くなり、亀フードを食べる元気がなくなったみたいでした。
 うちの子になって、9年目。とうとう亀は、帰らぬ亀になってしまいました。亀は千年というので、ちょうど千年目だったのかもしれません。合掌
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-06-22 23:23