日曜日であることも忘れてしまう梅雨空の一日

なかなか日曜といっても休めないのが議員の宿命?


 朝起きて洗濯をしながら、「今日は何曜日だったっけ」と考え、テレビをつけ日曜討論をやっていたので「ああ日曜日なんだ」とおもったのです。
 でも”休み”は”休めない日”です。午前中は、地域の新日本婦人の会の班会。雨がぽつんときたのに、傘もささずに集会所に出かけました。
 いつものメンバーでしたが、今日は、支部委員になったAさんの丁寧な報告がありよくわかりました。Aさん、もうじき脊椎の手術をするそうです。頑張ってください。
 市議会報告をさせていただき、教育基本法の宣伝をやりましょうということになりました。毎月1回集まって近況報告をしたり、情報交換をすることはほっとする時間です。終わって出ようとすると雨がいっぱい降っていたので、傘たての、忘れ物のビニール傘をお借りしました。
 Iさんにバス通りまで送ってもらいました。その足で、午後は、小山地域の後援会総会に出席。 車を息子がこすってしまったため修理に出しているので、代車が来ているのですが、私は、マニュアル車しか運転したことが無いため、オートマ車はちょっとーといった感じなのです。
 その上今日は息子が乗っていってしまいました。というわけで、橋本行きのバスに乗りました。 町田街道は、めちゃめちゃ混んでいます。北側の多摩境通りが混んでいるので、下の町田街道に降りてくる車で混んでいるのです。
 たまにバスに乗ると、いろいろなことが見えてくるものです。
 後援会総会は予算と方針を決め、活動予定を決めました。終わって帰ろうとするとまたまた土砂降りの雨。
 会長のYさんが、送ってくれることになりました。車を待っていると、現れたのは、ベージュ色の、ツードアのスポーツカー。
 屋根がオープンするのです。「Yさんとなりにいつもだれをのせるんですかー」と思わず聞いてしまいました。
 「ははは・・おばあちゃん」
 重心が低く、なんだか沈み込むようでした。渋滞の町田街道を、屋根の幌は閉まったままスポーツカーはのろのろと走ったのでした。
 こうして、日曜日は終わりました。
 今日は立川市議選投票日。あと一時間で、投票箱のふたが閉まります。結果はどうかな?
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-06-18 19:02