一般質問 今日は8人

6月議会一般質問が始まりました。

 今議会は36名の議員のうち、32名が一般質問するという史上最高の人数となりました。今日は、その1日目。
 我が日本共産党市議団のうち高嶋議員が、トップバッターで質問に立ちました。「石阪市長の施政方針演説を問う。」「議会で採択された福祉の復活を求めて。」「学校に常駐の警備員の配置を求めて。」3項目の質問でした。
 2年前まで、町田市は、私立の小中学校に通う生徒の保護者に対して、年5000円の補助金を支給していました。それが、子どもに対する福祉施策はほかにもいっぱいあるという理由で、廃止されてしまったのです。
 8万人もの復活を求める署名を添えた請願は、議会で採択されました。ところが、行政は、復活に応じようとしません。
 今日、高嶋議員の追及にも石阪市長は、就任直後に和光の保護者たちと会って、私学助成は大事だといっているにもかかわらず、「そういうことは、コメントを控えたい」と述べました。
 はっきりと、議会の場で、自らの意見なら、述べるべきではないでしょうか。
 質問ー答弁ー再質問ー答弁とやりとりがあって、1時間が持ち時間です。短い人もありますが、8人終わったときは7時半になってしまいました。
 議会事務局の方は、すぐには帰れません。大変な仕事です。
 私は今日は、バスで帰りました。帰りに、町田駅の小田急の花屋さんで、花を買いました。小山田桜台のトンネルの手前でバスを降りて歩きました。

 今日は、亡くなった息子の月命日です。4ヶ月前の、ちょうどこの時間10時15分に、亡くなったのです。日が経っても忘れた日は1日たりともありません。
 この約120日の日々は「息子はもう帰ってこないのだ、もう会うことは出来ないのだ」という思いで考えるたび写真を見るたびにむねがしめつけられるような毎日でした。
 帰って、笑いかけている写真に花を供え、「この6月議会も、頑張るからね、見守っていてね。」と語り掛けました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-06-08 22:27