第59回憲法記念日

■憲法守れの声ひろげよう


 5月3日。まちだ109前は、平和で幸せなカップルや、親子連れ、お年寄りが行きかい、5月のどこまでも明るい陽射しの下、休日を楽しんでいました。
 今日は59回目の憲法記念日。その、みんなの幸せを保証する憲法が今危ぶまれているのです。とりわけ、憲法9条を変えようという動きが・・・

 この日、約30人近い団体や個人が宣伝、署名活動を行いました。1時間ほどの行動でしたが、若い二人連れが署名してくれたり、ビラも600枚も配ることが出来ました。二度と戦争はしませんと誓った憲法があるからいまの繁栄があるのです。
 その憲法を変えて、再び戦争が出来る国にしようとしているのが自民党などの議員や、財界です。アメリカ言いなりで、国民の幸せはそっちのけ。在日米軍の基地再編には3兆円もの負担をしてやるのに、国民には医療改悪で高齢者医療は1割から2割の負担になってしまいます。その上保険料まで年金天引きで徴収しようというのです。
 こんな逆立ち政治は正さなければならないと思いませんか。当たり前のことを言っているのが、日本共産党なのです。

 午後からは、地域の党支部の皆さんとハンドマイク宣伝で、つつじや藤が咲く団地の中を歩きました。70歳過ぎの女性にはハンドマイクを持って移動することは体力的に大変になってきました。そこで自転車の荷台にスピーカーをくくりつけ、移動することに。7ヶ所宣伝し、Mさんの流し宣伝でより充実した宣伝となりました、        
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-05-03 18:32