5月の天気は気まぐれ

5月1日はメーデーに参加しました
f0020662_17285746.jpg

【写真①=元気に行進する日本共産党町田市議団の3名】

 快晴のメーデー日和となった1日、井の頭公園で開催された第77回三多摩メーデーに参加しました。
 息子の仲間の青年諸君も10人以上参加するというので、前日2キロの鶏肉に下味をつけ、朝5時におきて、おむすびとから揚げを作りました。
 息子はおにぎりを握り、わたしはから揚げと片付け係り。キッチンには朝早くから日が射して仕事もはかどり、いざ、会場へ。
 
 小田急線は相変わらずの混雑。息子と一緒に電車に乗るのも久しぶりでした。抜けるような青空というのはこういうことかな・・・気温はぐんぐん上昇中。
 井の頭公園も一年ぶりです。高校生のころはよく池のほとりを散歩したものでした。

 今年のメーデーは、憲法、教育基本法が脅かされ、国民の生きる権利さえ奪われようとしているとき、働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそうと開かれました。若者に仕事を!医療改悪反対!大増税許さない!憲法守れ!のシュプレヒコールが緑の森にこだましました。
 ちなみにこの公園のすぐ近くには、トトロで有名なスタジオジブリがあるのです。持っていったおにぎりもから揚げも青年諸君の旺盛な食欲で全部なくなりました。
f0020662_17292168.jpg

【写真②=第77回メーデーに参加した民青町田地区委員会のメンバー】

 7000人の参加で熱気あふれる集会となりました。デモの隊列も長くなり、私たち共産党の議員はすべての参加者を見送ってからの出発となりました。工夫を凝らした、東京土建の皆さんのデコレーションはいつも圧巻です。今年は耐震偽装問題を取り上げ「安心の建築は、東京土建へ。」というのもうなづけました。

 デモ行進の終点近く。井の頭通りの東急デパートの隣。M葬儀社の窓から手を振る人を見つけました。そう、私の高校時代の同級生の家なのです。走って戻り一年ぶりの再会となりました。
 ご夫婦とも親友なのです。なくなった息子のことは、連絡してなかったので、初めて伝えました。お互いに、涙で再会を約束し別れました。

 建(たける)が1歳の誕生日を迎えた年のメーデーを思い出しました。まだ一人歩きできない建をだっこして参加し、デモ行進のときに小さな靴を片方落としたことまで思い出しました。あのときの重さまでも鮮明によみがえってくるのでした。
 あの日も暑い日でした。


今日は曇りのち雷雨夕方地震。肌寒い一日でした。

 5月の天気は気まぐれです。シャワーのような雨と激しい雷がなったかと思うと、日が射してきたり、なんと夕飯の準備をしているときに、いきなり縦揺れに地震がやってきたのです。ガスを消しテレビを見ると町田は震度3とか。いつ来てもおかしくないのが地震です。このところ伊豆半島相模灘方面で頻繁です。
 かといって、何も備えていません。あるものといえば、4リットル入りの焼酎のボトル3本に常に新しい水を入れてベランダに置くことくらいでしょうか。水はベランダの植物たちに利用し、また新しくしておくのです。「大地震がきたら」の想定は必要とわかっていてもなにもしないというひとも大勢います。
 先日視察に行った福岡市では、昨年の玄海島地震の傷跡がまだ残っているところがありました。屋根瓦がずれてシートで補修してあるお家も。最近は、災害は忘れないうちにやってくるようです。気をつけなくては・・・・・!
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-05-02 23:45