和光同窓親和会で元気をもらいました。

 台風17号が直撃するという情報が朝から絶え間なく流れ、南寄りの暖かい湿気を含んだ風が強く吹き、出かけるのもためらわれるような日でした。でも白い雲が不安定に流れていく空模様を眺めていても仕方ないので、思いきって出かけることに。
 今日は、和光学園の高校を卒業した卒業生の親の会、「同窓親和会」の交流会でした。世田谷の、目黒区との境にある、卒業生の父母の経営する「華空間」という中華料理のレストランで、懐かしい同窓の皆さんや、子どもたちの先生方と食事をしながら、交流をしました。
 もう80歳にもなる親から、今年子どもが高校を卒業したというお母さんまで、懐かしさで胸いっぱいになったり、時代の流れにびっくりしたり、賑やかにそれぞれ近況を語り合いました。
 和光学園という小さな学園は、設立時の教育方針と、教員集団のたゆまぬ努力と、結束固い保護者の、和光に掛ける思いと情熱で、営々と時を重ねてきました。
 子どもたちが学校に通っていたときは、親和会というPTA組織の中で、決して学校の請負機関でない、親たちの自主的な私学教育を守る運動や、学校行事への熱い思いで、子どもの授業料以上に、たくさんのことを学ぶことができました。どんなに忙しくても、充実した日々だったと、今にして思えば懐かしく、自然にその頃のことがよみがえってきます。
 だから、子どもが卒業してしまっても、親たちはその思いを大切に、親の同窓会をつくっているのです。
おいしいごちそうをいただきながら、昔のやんちゃな子どもたちの話に花を咲かせ、定年退職されて何年にもなる先生方が少しも変わらずお元気なのに驚きました。また来年も、元気でお会いしましょうと約束して台風接近で電車が止まる前に帰宅しましょうと早めのお開きとなりました。
 
 ちょうど家に帰るころから、雨が降り始め、風が吹き荒れています。明日はどうなることやら。暴風、洪水警報も出されました。

 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-09-30 22:53