武相荘にいきました。

f0020662_21574857.jpg

久しぶりに鶴川に行ったので、白洲次郎・正子さんの旧邸「武相荘」に足をのばしました。能ヶ谷町の小高い山にその旧邸はあります。初秋のカラッとした日差しの中に茅葺の母屋が建っていて、絶え間なしに見学の方が見えていました。白洲夫妻の生活ぶりの一端や、戦中、戦後の鶴川のこと、戦後処理の問題など、資料もいっぱいでしたが、今はもはや消えかけている、養蚕を行っていた茅葺の農家の建物自体にも大変興味をそそられました。町田の原風景の一つです。もう少し涼しくなったころまた行ってみたいところです。竹やぶに囲まれているので、蚊やりはあちこちにあるのですが、蚊に刺されるのが玉にキズ。
 
 近くても、町田の人はあまり行ったことがないのではないでしょうか。今日も、バスを仕立てて見学に来ている団体がありました。
 それにしても、最近鶴川にはご無沙汰でした。何と家がぎっしりと建ってしまったのでしょう。真光寺川をはさんで、連なる家々にはびっくり。白洲ご夫妻が見たら、どんな感想をもたれたかなとふと思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-09-29 21:57