秋は確実にやってきた

f0020662_23222667.jpg

昨日は、4カ月ぶりに、実家に行きました。お彼岸なので、仏壇にお線香をあげるためということもあったのですが、義妹から相談があるというので出かけました。義妹は旦那である私の弟に、「お姉さんから言ってやってください」というのですが、弟の性格を知り尽くしている姉は、面倒なことにかかわるのは御免(?)とばかり、核心に入れないのでした。お墓を誰が守るのか…は今後、少子化の中で、難しい課題になっていくでしょう。海に散骨というのも一つの方法なのかなと思いますが、私はどうもその気にはなれそうもありません。
 帰りに立川を出ると雨が降り始め、多摩川を渡るころには、土砂降りに…洗濯物を干してきたのに困ったなと思いながら、車を走らせると、町田に入ると、雨は全然降っていませんでした。同じ多摩地域でも、北と南では天候も違うものなのだと実感。洗濯物は無事でした。

 今日は朝6時に起きると、雨が降っていなかったので、やれやれ。駅に夫を送らなくてもよくなり、また布団にもぐりました。寒いくらいの朝でした。午前中でも22度でしたから、確実に秋がやってきているのですね。尾根緑道の木々があんなに緑が濃かったのに、薄く色付きはじめました。ススキの穂も出てきて、コスモスが咲き始めました。
 まえからやくそくしていた、Tさんと“お昼御飯を食べながらおしゃべりをする会”を今日、ようやく持つことができました。夏に手術をしたばかりのTさんを家まで迎えに行き、多摩センターの和食屋さんでゆっくりご飯を食べながら積もる話を次から次へ…お互い、子どものことや、健康のことなど、共通する悩みを話しながら、時間の経つのも忘れました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-09-25 23:22