シェイクスピア劇は、喜劇なのか?「十二夜」を観に行きました。

 今日はお彼岸の中日、22日が中日に当たるのは珍しいのだそうです。朝、ご近所のIさんが「建君の仏前に」と大きな手作りのおはぎを届けてくださいました。いつも心にかけていただいて嬉しかったです。

 午後は新宿の紀伊国屋サザンシアターに、青年劇場の「十二夜」を観に行きました。青年劇場友の会会員なので、年2回は観に行かせてもらっています。今回のお芝居は、シェイクスピア劇。登場人物の名前も難しく、人間関係を把握するのも大変でした。前に上演された、「普天間」や「臨界幻想」とは異なる芝居でしたが青年劇場の別のジャンルの芝居を観せていただきました。難しそうなシェイクスピア劇ですが、話は喜劇だったのかと思いました。う~んなんだかあまりなじめませんでした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-09-22 23:45