分かりやすいバスの行き先表示を

f0020662_17381716.jpg
九月議会は一般質問、質疑、各常任委員会と一連の議会スケジュールが終わりいまは決算委員会が開かれています。

 今回は一般質問が5日間の試行となり、少し時間的に余裕ができたのではないかと思います。今議会私の一般質問は3項目。

1、非核平和宣言都市の町田市について問う
2、人にやさしい町田市を求めて
3、高齢者が安心して暮らせる町田市に

 新庁舎落成式の日のブログに書きましたが、町田市非核平和都市宣言碑が、西の外れに移設されました。来年2月は宣言から30年の節目を迎えます。庁舎の人目に触れる場所に、せめて碑についての案内板を設けるなどすべきです。来年の2月には、非核平和都市宣言30年の懸垂幕を掲げるとの答弁がありました。

 多摩境駅のエレベーター設置については、来年度、多摩境地域のバリアフリー基本構想ができるので、その中で実現していくと答弁がありました。また、町田バスセンターに行くぺデストリアンデッキにバスの番号だけでなく行き先表示をすべき求めたところ、「工夫し検討していく」と担当部長が答えました。

 境川クリーンセンターは今後閉鎖され、公園となる予定ですが、今まで境川ゆっくり道路を散歩する人たちが使っていた管理棟も閉鎖となりトイレが使えなくなりました。公演になる時にはトイレも検討に入る予定ですし、管理棟の利用方法が定まればまたトイレの利用も可能となります。

 新庁舎開庁から50日、市民からは様々な要望が寄せられています。時計、水飲み場の案内表示については検討、1階ロビーに休憩場所設置についても検討していくとの答弁でした。

 今議会から、議場傍聴席に磁気ループが設置されました。さらなる普及を求めたところ、「広報・施設案内で周知し、今後優先度の高いものからつけていく」と担当部長が答えました。9月29オープンの町田市文化施設和光大学ポプリホール鶴川にも設置されました。

 また高齢者の見守り支援ネットワークの拡充については、今年度2か所増設されます。4月から大幅に値上げとなった介護保険料。利用者の負担も大きく、市独自の減免を求めましたが、現行では1割負担の25%を減免することができるのは施設がおこなうしかない、施設任せ。施設の負担も大きくなかなか軽減措置にならないのが実態です。高齢化率25%になる現状の中で、市民の多くが、、今後利用するようになる介護保険制度の充実に向けて、また次の議会で頑張りたいと思います。

  写真(新横浜駅からバスに乗る時、ぺデストリアンデッキには、しっかりと行き先表示が何か所も)
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-09-22 17:38