遥かなるエルミタージュ美術館・・・国立新美術館へ

f0020662_1842841.jpg
議会も一般質問、質疑と終わり、今日は、建設、文教社会常任委員会が行われました。私は月曜日に健康福祉常任委員会が行われるので、思いきって、六本木の国立新美術館で開催中の、「大エルミタージュ美術館展」を見に行きました。地下鉄千代田線乃木坂駅を降りて、そのままエスカレーターで、美術館につながっているのにはびっくり。大きなガラス張りの美術館は、中年の人々でいっぱいでした。観覧料は1500円。町田の版画美術館は65歳以上は割引になりますが、ここは割引なしなのもなるほどという感じでした。
 ロシア帝国の時代に収集されたエルミタージュ美術館の収蔵品は、300万点に上るそうです。そのうちの16世紀ルネサンスから20世紀マティス、ルソー、ピカソなどまでの400年の代表作品が約90点展示されています。広い会場の展示作品への誘導はとてもよくできていて、動線の無駄がなく、一気に400年を楽しむことができました。
 帝政ロシアが崩壊したとき、これらの文化財が破壊されることなく残ったのはなぜなのか、サンクトペテルブルグというところに行ってみたい、本物のエルミタージュ美術館に行きたいという思いが大きく膨らんできました。
 7月16日まで開催しています。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-06-08 23:04