町田リサイクル文化センター懇談会

f0020662_016182.jpg

 今週は毎日不安定な天気が続いています。日曜日にはつくば市などで、竜巻で大きな被害が出ました。連日、晴れていてもにわかにかき曇り雷が鳴り、ゲリラ豪雨のような雨が降り、場所によっては雹が降る。予測もつかないことが待ち受けているのかもしれません。一気に低気圧が通ると、頭痛持ちの私は頭が痛くなり、バッファリンのお世話になることがたびたびです。

 この間、だいぶ家の中が片付いたので、今日は燃えないゴミの日、緑色の袋を4個も出すことになりました。
 写真はこの前に書いた、パッチワークのラグです。本当はもっと藍色が強くて美しいのです。

 今日は夕方から、リサイクル文化センター研修室で、地域の町内会、個人参加もできる、リサイクル文化センター(環境資源部)主催の懇話会が行われ参加しました。種々な環境資源部の報告があり、最新の宮城県女川町のがれき処理の問題についてのDVDを視聴しました。東京都の受け入れに伴って町田市も受け入れる予定になっています。
 
町田市は2020年稼働を前提に新たな施設建設が計画され、検討委員会が持たれ、市民への周知が始められました。参加したのは地元の町内会の会長など、約20名。それ以外は約30人が市の職員で、懇話会というには厳しい質問も出ていた割には、施設建設の具体的な話がなかったという印象でした。熱回収施設はどういう方式の施設か、生ごみメタン化施設でできるメタンの使い道、生成物以外に出る残渣はどうするのか…
 
 帰りがけに、町内会 自治会連合会の出席者の方々は「市はもう方針を決めているのに、いまさら型どおりの懇話会をやったってしかたないよなー」という声が出ていました。

 丁寧に、ていねいに進めてほしいと思います。
 
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-05-10 23:16