断捨離にはげんだ連休

  今日は久しぶりに市役所に行きました。駐車場側から入ると、非核平和宣言碑と、市役所開庁の記念に相原地域から寄贈された男性のブロンズ像があったのですが、いち早く、新庁舎にお引っ越し。60%削減で新庁舎に行かなければならず、山のような書類などはどうするのか、悩みの種です。

 この連休は、ひたすら断捨離に徹しました。天気も悪かったりで、憲法記念日も外に出なかったので、十分時間ができ、思い切って片づけに徹することに…片づけても片づけても減らないモノの多さに自分でも驚きました。
 モノに支配されているに等しい暮らしと決別して、シンプルに暮らしたいと思うのですが…

 一度着たらきつくて着心地の悪かったショートコート。生協のカタログで買った靴、使い勝手の悪いバッグ。それは私と縁がなかったということですから、足のサイズが同じ22.5センチの、弟の連れ合いの美智子さんに使ってもらうことにしました。

 未使用のカーテンなどは、これから行われるバザーに。
 リビングルームのソファーの前のラグを変えました。ずっとお蔵入りしていた、岩手の義母の手づくりのパッチワークを敷いてみました。紺と水色を基調にした、一針一針刺した見事な2畳ほどのタペストリーなのですが、しまいこんでおくより、ラグとして楽しんでみることにしました。部屋の雰囲気が変わってすがすがしい気分になりました。これも断捨離効果です。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-05-08 23:38