良き師 良き友 集い結びて~

 今日は、法政大学 町田法友会の2012年『総会・新春の集い」が市民ホール第4会議室で開催され、お誘いをいただいていたので参加しました。
 
 圧倒的に男性が多く、受付で渡された、卒業年度と名前のプレートを胸に付けた皆さんはほぼ50代以上でしょうか。たまに平成になってからの卒業という方もいらっしゃいました。
 
 法友会というのは同窓会のようなものですが、年に一度総会を開き活動報告を行っているようです。私は今回初めて、Mさんのお誘いで、参加することになりました。
 寺田和夫前市長、高山元助役をはじめ、町田の経済界の方や文化人、市の職員の方も大勢いらっしゃいました。
 新人紹介ということで、私も御挨拶させていただきました。
 6大学野球、ラグビー、箱根の大学駅伝、重量挙げなどスポーツでも有名な我が母校、最近はあまりいい成績を残していないそうですが、応援する先輩たちの意気込みは熱く、「同窓会の応援あればこその優勝です」とはっぱをかけられました。
 
 初めてお会いする方が多かったのですが、お互いの卒業年度を見て、「あの頃の法政は学生運動のメッカでしたね」などと話が弾みました。
 
 YOSAKOIソーランサークル“鳳遙恋”のエネルギッシュな踊り、応援団・チアリーダーたちのデモンストレーションも演じられ、賑やかに最後は、輪になって肩組んでみんなで校歌を歌ってお開きとなりました。
 
 何年ぶりに大きな声で校歌を歌ったことでしょう。
 我が母校といえるものを持てることは幸せなことなのかもしれません。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-02-17 23:29