洪水と堰の改修を!

f0020662_2226135.jpg

今日は、小山田の方から相談のあった、結道沿いの、大雨が降ると洪水になる地域を見に行きました。北部丘陵から流れる水が複雑な川の蛇行に逆らってか、造成された地域にお住まいのお宅の床下まで流れ込み、田んぼは一面の洪水になるのだそうです。また、河川改修が進まず、大雨の時は堰に板をいれるのですが、水圧が強く大変危険な作業になるのだそうです。堰の改修が必要とのことで、東京都に要望したら、2ha以上でないと補助対象ではないとのことで、3か所の申請をしていこうと思っているそうですが、認められても、半額補助になり、あとは町田市に補助を求めたいのだが、市はなかなか難しいとのこと。期日もあることなので…と相談者のOさん。本当に難しい相談でした。
 真冬の小山田は、すっかり葉を落とした、小山田緑地の木々ばかり。冷たい風が吹いていましたが、よく見ると、クヌギやブナにはもう春を待つ芽がいっぱい。春は必ず来るのですね。

 午後からは議会改革特別委員会が開催されました。懸案の議員報酬と、政務調査費、、期末手当について論議しましたが、結論は一定出ましたが、次回に継続となりました。
 来月で、私たちの任期も終わります。先送りする課題もありますが、今回の議特で、この問題について議論できたことは限界はあるものの、前進だったのではないかと思います。

 夜は、町田市商店会連合会の新年会に出席。中心市街地の商店会の皆さんと同席させていただきましたが、商店会が細かく分かれていて、なおかつ、原町田大通りで分断され、一体感がなくなってしまったと古くからの商店の方がおっしゃっておられました。中心市街地のまちづくりといっても、一枚岩ではないのだなと思いました。今年の新年会は、宮城県石巻市支援ということで、アトラクションのじゃんけんゲームでは東北地方のお酒が景品に。運良く勝ち進み、ゲットすることができました。同じテーブルの皆さんに飲んでいただきました。おいしいお酒だったそうです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-17 22:26