多摩境の朝

 早いもので、今日は鏡開き。お供えを割ってお汁粉に入れて食べたことを思い出します。子どもの頃は、暮れになると、すぐ近くにある、家族の多かった祖父母の家の庭で、おもちつきをし、お供えもいくつも丸めて作りました。鏡開きのころにはお供えは、カチンカチンになり、ひび割れていました。懐かしいお正月の思い出です。

 今朝は、5人の党市議団全員が、それぞれの地域の駅で一斉に駅頭宣伝をおこないました。私は久々に多摩境駅に。7時半から8時半の一時間の宣伝でしたが、新年初の多摩境の朝宣は、気温零度という寒さも半端ではない中、何人もの知り合いの方にお目にかかりりました。地域の後援会の皆さんが一緒にビラを配ってくださいました。寒い中自転車で駅に来てくださることに感謝!
 
 12月議会の一般質問では多摩境駅の整備について質問しました。広場に向かう階段のバリアフリー、広場の照明、駅の交番設置などを求めました。
 一日も早いエレベーター設置を求めて地域の皆さんと力を合わせたいと思います。

 今日は東日本大震災から10カ月目の日です。被災者の皆さんのくらしを応援する政治の実現が待たれていますが、現実は、2014年に消費税率を8%、15年に10%にすることで、民・自・公がほぼ合意しているとの報道があります。社会保障と税の一体改革という名目で、国民のくらしそっちのけの、大増税が行われようとしています。
 政権交代の公約投げ捨てで、それまでの自民党政治以上の悪政が次々に行われていきますが、来るべき総選挙で、悪政にストップをかける日本共産党を伸ばすしか国民のくらしを守る方法はありません。
 今朝は寒さの中仕事に向かう皆さんにそんなことを訴えました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-11 22:17