商工会議所の新年賀詞交歓会に。

 今日は寒の入り。昼間は車に乗ると暑いくらいなのに、朝晩はやはり寒さが厳しくなってきました。

 昨日は、夫の付き添い、車の運転で、聖マリアンナ病院に退院後初めての通院。10時過ぎに着いて、11時の予約だったのですが、ギプス切断、レントゲン等々で、延々と待たされ、最後の会計を済ませ、次の予約の注意事項を聞き終わったら、夕方になっていました。待つのが当たり前なのか、ポケベルを持たせられます。便利といえば便利、合理的です。広い病院の中ならどこに行っていても、順番が来たらベルで呼んでくれるのですから、安心してご飯を食べることもできます。町田市民病院の3倍近い病床数を持つこの病院は、外来患者の人数も半端じゃないようです。
 あまりに遅くなったので、とうとう町田市職員労組の旗開きに行くことができませんでした。

 今日は、商工会議所の賀詞交歓会。町田の商工業の関係者が一堂に会する場です。会頭の挨拶にあるように、2012年が、景気の良くなる年にという思いはみなさん同じでしょう。けれど「税と社会保障の一体改革」で、果たして景気は良くなるのか…K代議士は「徹底した行政改革で」を強調していましたが、自らが身を切るとは言いません。自らが身を切るということは、政党助成金をなくし、議員特権をなくすことです。国民に消費税増税を押し付けることではないと思うのですが。
 何となく盛り上がりのないまま、三々五々帰る人が目立ちました。

 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-06 23:15