三が日が終わっていよいよ明日から仕事です。

 あっという間にお正月が終わりました。箱根駅伝を見て(今年は我が母校は出ていませんが)、夜更かしと朝寝坊ができただけ正月らしく休めたかなと思います。
 今日は、暮れに亡くなった小山のIさんのお通夜が南大沢で行われたので参列させていただきました。
ウチ打ち出のお通夜とは聞いていたのですが、町内会の方々、昔の活動仲間地域の共産党後援会の皆さんなど大勢の弔問の方がいらっしゃいました。
 Iさンは、いつも厳しい方で、共産党にもズバズバと物申す方でした。でも、私に対しては励ましの言葉をかけてくださり、長い闘病生活を奥様に支えられて頑張っておられたのに、77歳という少し早いお別れでした。
 式場の後ろにお写真がたくさん飾ってありました。お孫さんとの写真は、優しい笑顔でしたし、お友達との写真も笑顔でした。Iさん安らかにお眠りください。

 久々に小山地域の皆さんにお会いしたら、みなさんから、夫の手術のことで、お見舞いの言葉をいただきました。
 その後の経過報告・・・自宅に帰ってみると、不便なことがいっぱいありものです。足の指には針金のようなピンが2本入ったままで、ギブスをしています。ギブスは昔と違ってとても軽いものですが、松葉づえがないと歩けません。お風呂は右足のギブス部分をビニールで覆いガムテープできっちり閉めて、シャワーだけ。松葉づえだと、こぼれるようなものは持てないことに気がつきました。そこで、車いす代わりに、車のついた、事務用いすで移動することもあります。我が家は4階。エレベーターがないので、これも大変ですが、リハビリメニューに階段上がり降りが入っていて、練習しています。本人は新学期から職場復帰できると思っていたのですが、とんでもありません。しばらくかかりそうです。長い人生たまには、休んでもいいじゃないかくらいの気持ちで、頑張ってリハビリに励んでいるようです。みなさんにはご心配をおかけしました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-03 23:11