千の風になって・・

f0020662_1839347.jpg

今日は午前中、地域で、「しんぶん赤旗」の読者会と市政報告会を開催しました。日ごろ新聞をどのように読んでいるか、「しんぶん赤旗」の魅力は何か、市政報告に対する質問、疑問などが、率直に出され、はじめに上映した、「日本共産党89周年記念講演」ダイジェストDVDに対する感想も伺いました。
 「共産党の集まりって、難しそうと思っていたけれど、とっても良くわかりました。被災地でのボランティア活動や8億円を超える救援募金は本当にすごいと思いました。」と初めて参加された読者の方が話してくださいました。
 もっと気軽に、時々の話題や新聞の読みどころなど語り、たまには赤旗記者の方などにも来ていただき、新聞づくりの話など聞く会を持ちたいものです。

 秋分の日、さわやかな初秋の風が吹く昼下がり。
2月28日に亡くなった友人の章子さんのお墓が完成したので、昨日納骨したのでお墓をご披露したいとご主人が声をかけてくださったので、みんなでお参りに伺いました。
 南多摩斎場の隣の、八王子市にある公営霊園で、夏に町田市の区画の募集があり、運よく当選したそうです。9月からお墓を着工し、完成しました。
 赤と薄茶のツウトーンのお墓は、一文字「楽」と刻まれていました。そしてバラの花も。
音楽好きの章子さん、いつも朗らかだった章子さんをイメージして。そして、私がブログに書いた「楽しかったね、ありがとう」の言葉を採ってくださったそうです。
 近くて、散歩がてらでも会いに行くことができます。ご主人が、「千の風になって・・・」を流してくださいました。
 一人の人の死は、様々な受け止め方があると思います。一人一人違っていいのだと思います。
 章子さん安らかに眠ってください。そして、私たちを見守ってください。きれいな声で、歌ってください。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-09-25 18:39