さようなら 原発集会に参加

f0020662_22251142.jpg
 
 大江健三郎さん、澤地久恵さん、坂本龍一さん、落合恵子さん、瀬戸内寂聴さんなどの著名人の呼びかけで
行われた9,19さようなら 原発集会は6万人の参加で成功しました。

 千駄ヶ谷駅は電車がつくたびに人があふれ、改札口にたどり着くのに数十分かかりました。
 明治公園に着くと会場は開会30分前にもかかわらず舞台も見えないくらいの人で埋め尽くされていました。
 思い思いの扮装を凝らした人、子どもをベビーカーに乗せて参加の人、高齢者も、こんなに思いを一つに集まった集会は久しぶりだったのではないでしょうか。
 
 私は、メイン会場の外の、公園にいましたが、その会場もいっぱいでした。デモ行進が3コースに分かれて行われましたが、出発するのに、2時間待ちの状況でした。
 デモの隊列は途切れることなく新宿の街に続き、沿道の人たちや車の中からも手を振ってこたえてくれました。高いビルのガラスの窓の向こうに手を振る人もありました。

 日本中の国民が声を出して、政治を変えたい、変えなければ危険な原発はなくせない。思想、信条の違いを超えてその1点で集まった人々の輪が継続的な運動に発展していけば、原発をなくしていく大きな力になることを確信しました。

 久しぶりの集会とデモで、立ちっぱなしだったので、少し疲れましたが、テレビのニュースでも、さすがに今回は報道していましたから、無視することのできない集会だったと思います。

 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-09-19 22:25