40年は夢のように過ぎました。

 今日は朝7時45分市役所出発で、横浜市の神奈川県民ホールで行われる「全国都市監査総会・研修会」に出かけました。今日の会議は全国から監査委員が集まっているので、大きな荷物を持った方や、お土産を買いこんで宅急便で送る人などで大ホールはいっぱいでした。
 一人の講師の方はアメリカ流の監査の視点を超早口で、休みなく90分講義され、ちょっと飲み込むのに必死で消化不良になりました。もう一人の方は、きれいなカラーの図を駆使して、監査を受ける行政の在り方について講義されました。(資料が手元にないので、正確でないかもしれません。)
 あとで読んでくださいばかり言われたので、あとでじっくり読み返してみますが、なかなか難しいお話でした。

 一時半頃、市役所に戻るのと同時に、窓の外は滝のような雨。朝はあんなに晴れていたのに。本当に予測不能の雨が降ります。

 小止みになったところで、市役所を出て、新宿に向かいました。
 先日大学時代の友人Kさんから電話で、新潟にいるCさんが研修で出てくるから、久しぶりに会わない?と言ってきました。即OK!
 
 大学時代、私は、日本中国友好協会千代田支部法政大学学生班の会員として活動していました。1960年代後半です。まだ日本と中国が国交回復していないころのことです。日中国交回復を求める運動と、日本と中国の間の歴史を学び、二度と戦争のない平和な国際関係をつくることをめざして、お隣の中国を知ることや、中国語を学ぶことなどたのしい活動をしていました。そのころの仲間です。
 
 CさんMさんとは卒業以来あっていませんでした。実に40年ぶりです。新宿駅南口で待ち合わせたのはいいのですが果たしてわかるかしら…と心配でしたが、何のことはない、みんな40年前とおんなじ顔で現れました。
 ご飯を食べて、お茶を飲んで延々5時間半。笑い、しゃべり、話は尽きませんでした。私を除いてみんなもうお孫さんがいます。子どものこと、病気のこと、仕事のこと、そして、震災や原発のことに話が及び、40年の時は一瞬にして埋まってしまいました。
 40年は夢のように過ぎました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-08-26 23:22