六月議会が始まります

 昨日一般質問通告を行いました。東日本大震災のあとの議会ということで、防災関連の質問が多数あります。今議会31名が質問しますが、午後のヒアリングでは、職員の皆さんが議員の質問事項に対して、質問意図や、どういう角度で質問するのかなど、また再質問はどうなのかなどを聞きとり、相談にこられます。
 廊下も、控室も、委員会室もごった返し、熱気ムンムン。部屋の冷房は付けないように努力しているので、一つの質問に、10人以上もの方がヒアリングに来られると狭い控室の温度は一気に急上昇。職員の皆さんも答弁書作りにこれから大変な毎日を送られることでしょう。
 私の今回の一般質問は、
①災害時の市民の食料確保について
②災害時の要援護者支援体制を問う
③地デジ化移行実施にあたっての対策を問う
④緑豊かな街路樹を
 
 

の4項目の質問です。私は15日午後に一般質問を行います。
 傍聴にお越しください。3月11日の震災で、本会議場の天井がはがれるなどの被害が出て、それ以降本会議場は修理に入っていたので委員会室で本会議を行っていたのですが、修復しましたので、6月議会は本会議場が使えます。
 
 8日から本会議が始まります。補正予算では、家具転倒防止金具等の配布追加6000件分の増額予算が盛り込まれました。条例提案では忠生第一小学校を忠生小学校に変更する校名変更の条例、町田市公民館条例の一部を改正して、町田市公民館運営審議会を廃止する条例などが提案されています。新たに鶴川駅前の町田市緑の交流館内に図書館を設置する条例も提案されました。

 大震災という大変な事態の中で行われる議会です。陸前高田の市長さんが、「天災は防ぎようがない、防災ではなくいかに被害を少なくするか、減災を考える必要がある」とおっしゃっておられた言葉が印象的です。
 町田市民が安心して暮らすことができるように、今議会も全力で頑張ります。


 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-06-04 23:15