相原駅で宣伝と救援募金活動

f0020662_2285918.jpg

午後3時から相原駅前で東日本大震災被災者の救援募金を行いました。
「コーヒー一杯の❤を!」と書いたペットボトルを園芸用の棒に付けて、手作りの募金箱を掲げて、賑やかな募金活動でしたが、近隣の大学は、春休みに入っていて、目当ての学生さんはまばらでした。
 それでも買い物袋を両手に抱えた女性の方、実家が福島だという学生さん、自転車で通りかかった小学生のグループなどが募金をしてくださいました。
 地震から20日が過ぎて、毎日の新聞記事も、いつになったら温かな布団で寝られるのかといった記事とともに、親がいまだ見つからない子どもが、きょうだい離れ離れに暮らすことになったという記事、がれきの山の中から思い出の写真などを取り出しているボランティアの方々の頑張りと涙が報道されています。
 引き続き募金活動は行いたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-03-30 22:08