毎朝の折り込みの停電ビラ、助かります

 しんぶん赤旗の日刊紙には、震災の翌日から、東電、市の発表をもとに作成された 「計画停電」のグループ別、対象地域別のお知らせが、折り込みで入っています。
 読者の皆さんからは、「よくわかって助かります。」という声が届けられています。中には団地の階段に貼りだしたり、コピーしてご近所に配ったりと活用されているようです。
 防災無線で報道されるグループ名だけでは、市民にはわかりにくく、印刷物で確認しないと不安です。
 市のホームページで見られますと広報には書いてありますが、みんながインターネットを使えるわけではありません。災害の時、そうしたIT弱者をどうするか…もっと周知できる工夫が必要だと思います。
 しかしこの「計画停電」いつまで続くのか・・全然停電にならない地域もあり、不公平との声も上がっていますし、経済に与える影響は測り知れません。
 原発頼みの日本の電力行政の転換を図る必要があるのではないでしょうか。
 (ちなみにこの折り込みビラ、我が息子が作っているのです)
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-03-25 11:16