コブシの花が咲きだしました。寒さの中、春が待たれます

f0020662_11285168.jpg
 震災後、気持ちがパソコンに向かいませんでした。今日は都知事選挙の告示日。新宿西口に小池あきらさんの第一声を聞きにいきました。
 
 震災で亡くなった方、行方不明の方が25,000人もいらっしゃいます。避難所で寒さと闘っていらっしゃる方も未だ25万人以上。
 春は遠くいま何が出来るのかと考えても個人でできることは限られていて、なかなかありません。せめて救援募金をと、この間4回募金活動を行いました。
 地震、津波、原発破壊による放射能汚染からの避難命令。、物不足、野菜などの風評被害、そして水の放射能汚染による、乳児を抱える若い親たちの不安。
 つぎつぎと困難が襲ってきます。昨日は壊れた原発で作業をしていた労働者が被ばくしました。当然考えられることでしたが、東電の説明はあまりにいいかげんです。

 私たちはこんな状況で選挙は行うべきでないとの主張をしましたが、国会では、被災地を除くということで一斉地方選挙が決まり、今日告示されました。
 いのちを守る福祉・防災都市東京をつくるために、救援活動も、選挙も頑張りたいと思います。
 
 いつもなら桜の便りも聞かれる頃ですが、寒い毎日です。被災地では、雪も降っているようですから本当に大変です。
 でもコブシの白い花が咲き始めました。辛いニュースばかりの毎日、春は近付いているんだなあと思いホッとしました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-03-24 11:28