人々の善意に涙・・一刻も早い救出と復興を!

 3月11日午後2時46分。東北地方を襲ったマグニチュード9という大地震。それからほどなくして沿岸の町を飲みこんでいった大津波。
 いまだに被害の全容はわかりません。たくさんの方がなくなったのは確かなようです。家も命も奪われ呆然とする人の映像が映し出され、繰り返し、津波が押し寄せがあっという間に町を飲みこんでいくさまが写されています。
 東北、太平洋沿岸の関東地方が被害にあいました。今日は午後から町田駅で、日本共産党町田地区委員会、町田市議団で救援募金活動を行いました。
 ダンボールで作った募金箱を掲げて、募金を呼び掛けると、次々と募金に応じてくださる方が後を絶たず、多くの皆さんが何かしたいと心を痛めていることを告げてくださいました。
 小さな子どもさんにお金を渡し、募金箱に入れてくださる方、家族中でそれぞれ千円札をいれてくださった方。「北海道で津波が来た所に弟がいるんです。連絡が取れなくて・・」と心配そうに募金してくださった方…テレビの画像に映し出される状況はほんの断片です。でも事実の一部です。そうした報道が人々を止むにやまれぬ思いに駆り立てるのです。
 皆さんの善意に思わず胸が熱くなり、何度も訴えながら涙が出てきました。
 
 一時間半の募金活動でしたが、13万7628円の募金が寄せられました。
ありがとうございました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-03-13 21:07