一般質問が始まりました。

 朝から春の雪が降りました。寒い一日でした。
今日は一般質問一日目。トップバッターは我が会派の池川議員。住宅リフォーム制度の拡充を求め、市内業者に仕事が回るよう、緊急経済対策として中小企業振興の立場で制度を拡充するよう求めました。
 それに対する答弁「個人の資産形成に関することなので」とやる気はありませんの一点張り。近隣市ではこの不況の中、中小業者の仕事確保のために市内業者優先にしているというのに・・・
 午後は市長の施政方針に触れて殿村議員が質問。国保の資格証が2000件になっていることに対して、市長は「職員は法律で決められた仕事をしっかりやっている、まじめに払っている人が納める気にならない。滞納している人を処分をしないことは他の人の納税意欲をなくす。」と答弁しました。
 一生懸命、資格証にならないよう相談にのり、分農などで対応している職員の姿が、市長には見えないのでしょうか。市民が、どれほど苦しい暮らしをしているか見ようともしないで、払わない人は顧客ではないとばかりの姿勢に怒りを覚えます。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-03-07 23:36