美味しい給食を食べました

f0020662_0544910.jpg

現場の声を大事に…ということで、今週は学校訪問をさせていただいています。昨日は忠生中学校、今日は山崎小学校をお訪ねし、見学と懇談を行いました。
 どちらの学校も、校長先生が丁寧に対応してくださり、子どもたちと真剣に向き合っている様子がとても印象的「校門を開けておく」そのこと一つでも、防犯が優先されるのか、学校に来にくい子どもの登校を阻まないことに重きを置くのかが問われる問題です。どちらの学校でも、学校が子どもたちの心のよりどころになるように心を砕いていて、教室での活動も見せていただきましたが、子どもたちが生き生きとしていることからも、学校作りに苦心されているのだなという気がしました。
 小学校では、給食を食べさせていただきました。コッペパンはふわふわでおいしく、スープは具だくさんの野菜。ジャガイモとコーンのホイル焼きとイチゴのデザート、牛乳。美味しくて完食しました。学校給食が一日の内で一番の食事になっている子もいるそうです。
 どの子も大事にされる学校をつくっていかなければなりません。
 子どもの状態は社会のあり方の反映です。子どもたちが健やかに育つ社会をつくるために頑張りたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-02-16 22:54