12月議会閉会  70人近い傍聴者が・・・

12月1日に開会した第4回定例会(12月議会)が今日22日閉会しました。
最終日、本会議、傍聴席は70名近い傍聴者で埋め尽くされ、審議の様子を中止する熱気を背中に強く感じました。

 自治基本条例は共産党、民主・社民・ネット会派が反対討論を行い、賛成少数で市長提案条例が否決となりました。

 続く、「町田市国民健康保険条例の一部を改正する条例」に対して、日本共産党は、値上げになる部分についての修正を行いましたが、他会派からは質疑も、討論もなく、修正案は否決、原案(値上げ条例)が可決され、来年度から、国民健康保険税の値上げ(国保加入者の7割の方が10%の値上げになる)が行われることとなりました。
 今日も急きょ届けられた市長あての「国保税の値上げ中止を求める署名」はその数6909筆となり、幅広い個人、団体の皆さんとともに、短期間のとりくみでしたが、大きく運動を広げることができたと思います。
 「国保税の値上げ中止を求める会」が議会に提出した請願も、不採択となりました。市民の痛みに心寄せることなく葬り去った他会派の議員たちを、傍聴の市民の方々はどのようにご覧になったでしょう。

 今回に結果にがっかりせず、さらに値下げを求める運動に引き継ぎ、市民の命とくらしを守るために、頑張ります。

 また、中学校にエアコン設置の予算を追加する議案が提案され、全会一致で可決されました。つくしの中の大規模改修に合わせてのエアコン設置ですが、来年度15校中学校からまず実施されることになりました。12月議会のうれしいスタートとなりました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-12-22 23:09