彼岸花咲く市役所

f0020662_13331470.jpg
 たっぷりの雨が降って雷も鳴ってそのあと青空になり秋めいた午後になりました。着る物に戸惑うこのごろです。
 
 昨日の夜は町田地域の青年たちと懇談会をしました。身近に若い人達がいるようで、なかなか深いところで話し合う機会を設けることもないので青年の実態を聞けてよかったとおもいます。
 学生寮にいる子が授業料未納で大学を除籍になったなど深刻で重たい問題や、中卒のため様々なハンデを背負い仕事に就けない青年。性同一性障害で苦しむ青年等々。
 政治の解決策が求められると共にいま私達に問われているものを突き付けられた気がしました。元気に頑張っている青年たちも生き辛さを抱えているかもしれない・・なんとか力になれることがあればとおもいます。
  
 市役所での我が議員団の会議に向かう前に、農民連町田支部の会員さんと一緒に北部丘陵整備課の担当課長さんたちに要望書の回答を求めるために伺いました。北部丘陵は約1000ヘクタールの広大な農と緑の整備計画を策定中ですが、なかなか過去のいきさつや、後継者難で、農業振興といっても困難がある中で、市も一生懸命手探りで、できるところから進めるというスタンスで取りかかり始めています。
 全国組織の農民連は、農業を国の基幹産業として守り、育て、農業で暮らしていける、個別価格保証、所得補償制度をつくるべきと運動しています。町田支部も町田の農業を守ろうと様々な提言を行ってきました。今回も、農の駅、景観作物、水田再生、生活道路や農道整備、市民農園、体験農園を北部丘陵の中になど、提案を行いました。
 問題は予算との関係です。と同時に、しっかりとした農業、観光、商業の中での農の位置づけが、地元の皆さんに納得してもらえるか、展望があるのか、生活できるのか、雇用が生み出せるのかなのです。
 粘り強くこれからも、要望をしていきたいと思います。

 雨上がりの市役所。彼岸花が咲いていました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-09-28 13:33