味覚の秋きたる 一般質問を終えました ホッ!

f0020662_2373224.jpg

今日は一般質問2日目。午前中の2番目に質問を行いました。
 今回は3項目、①高齢者のくらしささえる施策の充実を求めて多発する所在不明の高齢者、熱中症で無くなる高齢者など、市としてしっかりと高齢者の実態を把握し、命を守る行政の対応を求めました。市も70歳以上の単身世帯、75歳以上の高齢者に、福祉の手引きを配布しながら、安否確認を行うとのこと、しかし熱中症対策は、個々が行うことという答弁がありこれには怒りすら感じました。
 ②また高齢になって耳の遠くなった方たちが、磁気ループという機械を使って、イアホーンから音を聞くことができる装置がいま各自治体で導入されていますが、設置を求めましたが、新設の施設では導入するが既設の施設は、福祉のまちづくり推進計画の中で検討するとの答弁でした。簡易なものでは5~万円で購入することができます。またどこへでも持ち運びできます。そして、福祉の窓口などでも使用することができます。いま市が進めている中心市街地活性化計画や野津田競技場への莫大な税金投入に比べたら、市民が喜び、福祉の町田らしい施策だと思うのですが…ぜひ実現したいものです。
 ③境川ゆっくりロードや公園にトイレ、水飲み場の設置を求めました。境川クリーンセンターのトイレ使用の休日、五時以降使用については拡大を検討するとのことでしたが、市のトイレ計画は、近隣コンビニに依存という全く人任せ。コンビニが撤退したり、拒否されたらどうするのでしょう。
 ④最後に地デジ対策について質問。アナログ放送が2011年7月24日をもって終了しますが、大量の地デジ難民が出るものと予想されます。市民の知る権利を奪い、楽しみを奪う地デジ化は対応が十分されなければ延長すべきです。
 市は広報などで周知するとしていますが、それでは不十分。今のテレビにチューナー取り付けで観られるのですがチューナー無償支給はNHK受信料免除の家庭だけ。
 そのほかの低所得の方については、来年度予算で住民税非課税世帯に貸与すると国会では、日本共産党の山下よしき参議院議員に原口総務大臣が答弁しています。
 これからですが、市としても周知を図り、取り付けができるよう援助すべきではないでしょうか。国の強引な政策で、国民の負担が増え、生活が脅かされ、大量のごみが生まれる…こんな政策は先延ばしするべきです。
 
 一般質問。終わってやれやれ。新たに頑張る目標が生まれてきました。
 美味しい果物を食べてガンバローっと。桃も葡萄も梨も一気に配達されたり頂いたり。ことしの猛暑は果物を甘くしてくれました。果物大好きな私は味覚の秋を先取りしています。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-09-07 23:07