雨の一日、議員視察に

f0020662_1213876.jpg
 暑い日があったかと思うと連日の雨で、梅雨に入ったのかなと思うような毎日が続く月曜日、新人議員を中心におこなわれた施設見学の視察に参加しました。
 都内にある、町田市コールセンターを最初に視察。042-724-5656に電話するとつながるコールセンター。市民の様々な疑問に答えてくれたり、催しの予約受付をしてくれたりとかなり定着してきました。しかしこのコールセンター。町田の中にあって、職員が答えてくれるのだと思っている人も多いのではないでしょうか。
 実際は、業務委託で、都内某所で行われているのです。
 市民からの問い合わせが来るようすも視察させていただきましたが、なかなか的確に対応していました。
 聞きたくても庁内の担当課が何か分からない市民が多い中、すべてに対応してもらえるので市民にとっては便利です。
 42万市民の町田市。絶え間なく電話がかかっていました。

 続いて、江戸川競艇場へ。町田市は東京都六市競艇事業組合の構成市です。いわゆるギャンブル事業を支え、配当を受ける仕組みになっているのですが、その仕組みは複雑です。ギャンブルとは無縁の私にとって競艇場はきっと生涯行くことはないだろうという場所です。
 一般の人があまり行くこともないであろうVIP席、選手たちが漕艇を手入れする場所なども見学しましたが、選手にとっては過酷な仕事。投票券を買う人にとっては勝ち負けの悲哀が伴う世界。小さなボールペン片手に投票券に向かっている人々に笑顔はありませんでした。
 不況で、町田市に入ってくる収益金は年1000万円に減少しています。
 
 続いて、京王閣競輪場も視察しました。町田市が構成市となっている東京都十一市競輪事業組合の競輪場です。昔のイメージ払拭をはかってきれいな場内や観客席などをつくり、ナイトレースなども開催しているそうですが、バブル期に比べて観客数も減っているそうです。
 余談ですが、グランプリレースに優勝すると一億円の賞金がもらえるんだとか。
有名選手に四百勝記録達成の後閑(ごかん)信一選手がいるのですが、私の旧姓も後閑と言います。父は群馬出身ですから同郷の後閑選手とは親戚かもしれません。

 この日の視察を市議会でどういかしていくのか・・・なかなか難しい問題です。

 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-05-26 12:01