あと何回この桜が見られるかな?

f0020662_051453.jpg
毎日寒い日が続きます。今日は、昨日車を駐車場に置いてきたので、久しぶりにバスに何度も乗りました。午前中は木曽森野都営まで行きましたが、バスを降りて、急な坂道をゆっくりゆっくり歩いて行きましたが息が切れるほどの急勾配。人呼んでガンバリ坂。
 新しい市役所ができたって、木曽森野都営の皆さんの大変さが解消されるわけではありません。今日は都営にお住まいの皆さんを訪問し要望など伺うための活動でした。
 新しく後援会ニュースを読んでいただける方も出てきました。と同時に、市政への要望も伺いました。「ごみ有料化で、ごみが減ると思ったのにちっとも減ってないじゃないか、税金で、ごみは処理するべき」とおっしゃった若い人。市民の目線は確かです。
 
 お昼で終わりいったんバスで自宅へ。午後からは小山田桜台で行動。そして夕方からまたバスに乗って市役所へ。
 今日は3月最後の日。定年を迎えた部長級の方が15人もいらっしゃって、昨日、本会議の後ご挨拶がありました。明日からは違う職場でまた仕事をされる方もいることでしょう。
 職員の皆さんの異動の季節です。聞くところによると、400人くらいの異動があったとか。
 市役所の庭には、しだれ桜とソメイヨシノが咲いていて、新たなスタートを切る皆さんをやさしく励ましているようでした。
 
 この桜、あと何回見ることができるでしょうか。市役所が新庁舎に移転してしまうと、今の築40年の現庁舎は取り壊されるのでしょうか。築山のような庭はどうなるのか、紅葉の美しい、コナラの実が落ちる橋は…そして、桜の木は…四季折々楽しませてくれる市役所の庭が私は大好きです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-30 23:05