2010年第1回定例会が閉会しました。

 3月9日から始まった、市長・市議選後初めての議会が今日30日閉会しました。日本共産党は、今回の市議選で5名全員当選し、力を合わせて、石阪市政2期目の、予算提案や、条例提案に対して「新庁舎や大型開発より、市民の暮らし優先の市政を」と真っ向から対決しました。
 最終日の今日は、殿村議員の質問に対して、まともに答えない市長が、ルール違反の発言を行うなど、異常な姿を示しました。日本共産党は市長提案の予算に対して、新庁舎建設、や中心市街地活性化計画関連の予算を削り、健診無料化や、75歳以上の高齢者の医療費無料化、幼稚園児の補助金増額などを盛り込んだ予算修正を行いました。賛成少数で、修正案は否決されましたが、しっかりと筋を通し、具体的な提案で迫る日本共産党の在り方が、市民の前に明らかになりました。
 終わってみると長かった気がしますがあっという間の一カ月でした。
 寒い毎日、重い荷物を持って議会通いをしたような気がします。一回の議会が終われば、またすぐ6月議会が待ち構えています。市民の暮らしを守るために頑張ります。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-30 23:59