「おめでとうございます」の言葉に感激

 13日からの一週間はめまぐるしく日々が過ぎていきました。13,14日と会議が続き、15日は議案説明会と質疑通告、16日は一般質問通告をしました。今回は3期目最初の質問ですので、仕切り直しの意味も込めて

1、公共交通機関の充実を求めて(小山田桜台から多摩センター行きのバス実現を。八王子医  療センターへのバス実現を。)
2、多摩境駅広場の整備について問う
3、町田市の平和行政の拡充を求めて

の3項目の質問を行います。25日4番目です。今議会は、新人の方が7名入り世代もぐんと若返りました。一般質問は27名です。
 議会傍聴においでいただき、町田市政がどういう方向に行こうとしているのかを確かめていただければと思います。
 17日は本会議で質疑が行われ、17,18日は、4常任委員会が同時開催されました。私は今回総務常任委員会の副委員長になりました。総務常任委員会は政策経営部、総務部、会計課、財務部、経済観光部、選挙管理委員会、監査事務局、農業委員会事務局、議会事務局所管の議案審査を行います。
 おもに町田市の中枢に関わる予算、条例についての審査ですが、私は前回に続いて三年目に入り少し様子が見えてきました。新庁舎建設問題、中心市街地の開発問題、小田急多摩線の延伸問題など、大型開発優先の市政か、市民の暮らし優先の市政かが問われる大きな問題が山積しています。
 税金の使い方が問われます。町田市は税収が落ち込む中で、新たに臨時財政対策債を39億円も借金し、財政調整基金、公共事業基金を取り崩し新庁舎建設の費用を作り出しています。
 議会の役割も多いに問われるところです。日本共産党は予算修正を行います。

 委員会審査が一日で終わった次の朝、金曜日は久々に多摩境駅で、朝の宣伝を行いました。地域の方も三人来てくださって、小池あきらさんのパンフレットと「こんにちは佐藤よう子です」を配りました。
 7時20分ころ目の前に、以前ブログで紹介した、見晴らしの丘に住むお嬢さんが現れました。そして笑顔で、「おめでとうございます」と言ってくれたのです。一カ月会わないうちにまた背が伸びたようでした。はじめて名前も伺いました。本当にうれしい朝でした。
 うれしい思いでいっぱいになり、高尾の息子のお墓まで車を走らせました。お彼岸に入ったばかりでしたがお参りに来る人がいっぱいでした。息子と両親に、選挙の当選報告をすることができました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-21 15:49