三月は平和を考える月です。

f0020662_21194914.jpg
朝、市役所の橋の横に銀杏の木があるのが目にとまりました。周りの木々が葉を落としているので、余計に目立ちました。前からあったのに、注意して見ることもなかったのですが、久しぶりに晴れて気持ちの良い朝になったので、気がついたのかもしれません。由来を書いた札が立っていました。それによると、この銀杏の木は、昭和20年5月、小野路に落とされた焼夷弾で焼けた銀杏の木から芽吹いた木だそうです。小野路では二人の姉妹がなくなりました。
 三月十日、市議会では、東京大空襲で亡くなった方々を追悼して、黙とうがささげられました。
二度と再び戦争で命を奪われることのないように、平和な日本をつくっていくためにかすかに戦後のことを知っている世代として、私も頑張りたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-12 21:19