雪の降る一日でした

f0020662_22341274.jpg
「日米安保50年と米軍基地 」 赤嶺政賢衆議院議員のはなしを聞く。

 今日からいよいよ2010年度第一回定例会が始まりました。開会のあと議長選挙になりなかなか決着がつかず、結局思いもかけない組み合わせで、志政クラブ・公明党、民主党・社民ネットが一緒になり公明党の川畑議員が議長に選出され、副議長には志政クラブの吉田議員が選ばれました。市長選で、違う候補を立てて戦った会派が結集されるという構図は我が日本共産党には理解しがたいものでした。
 我が会派も議長選には殿村議員、副議長選には私が立候補しました。いつもの議長選に比べて早い決着となりましたが、今後石阪市政に対してどのように対していくのでしょうか。
 スジを通す日本共産党の真価が発揮されるよう頑張ります。

 今日は一日雪模様の寒い日でした。思ったより早く議会が終わったので、町田革新懇・平和委員会主催の「日米安保50年と米軍基地」という日本共産党の赤嶺政賢衆議院議員の講演を聞きに行くことができました。普天間基地移設問題で、今大揺れの民主党政権。県民の声を率直に受けとめめ、基地のない沖縄を実現することが求められています。
 粘り強い島ぐるみの闘いが勝利する日まで私たちも共に闘いたいと思います。
 4月11日か18日に沖縄で大きな集会が行われます。詳しくはまた。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-09 22:34