絵手紙に励まされて

f0020662_2339439.jpg
連日地域の「選挙ご苦労さん会」に出席。昨日の夜は地元小山田桜台と相原をはしご。
 みんなのうれしさが伝わってきました。選挙が終わってみるとひとつひとつにドラマがあることが分かりました。改めて、何のために議員になるのかを考えさせられました。
 相原のTさんが絵手紙をくださいました。彼女は初めてアナウンサーデビューしました。前日眠れなかったそうです。真剣さに頭が下がりました。絵手紙には彼女のうれしさがあふれています。
 Hさんは初めて炊き出しデビュー事務所の2階で、大勢の支援の皆さんにおいしいシュウマイや卵焼きを作ってくれました。
 初めてビラの全戸配布をしてくれたUさん。奥さんを亡くされたばかりで大変だったでしょう。
 初めて市議会選挙を経験した新人もいました。我が家に夕御飯を毎日届けてくれたIさん。事務所の2階に泊まりこんで、支援してくださったAさん。町田の寒い冬をまた体験させてしまいました。
どの人も、勝利のためにできることは精いっぱいやってくださいました。
 だから勝てました。本当にありがとうございます。
 25日は議席決め。何と延々6時間。党利党略、私利私欲としか言いようがありません。一夜にして、会派構成も変わってしまいました。36番目の議席がそんなにほしいのでしょうか。市民の目から見たら、どのように映るのでしょうか。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-02-28 23:39