名残雪融けてまた氷雨

f0020662_235195.jpg
急に暖かい日か゛あったかと思うと今日は真冬の寒さに戻りました。今日は朝から細かい雨が降りまた真冬のような寒い一日でした。(写真は暖かさでその日のうちに融けた我が棟前のなごり雪。)、告示日前の祝日、どの候補者も陣営も必死。町田市民42万人の暮らしがかかった選挙です。
 1人暮らしで、私が訪ねていくのを待っていてくれるおばあちゃん。自慢の息子の話を延々とするけれど決して息子と同居しようとはしないのです。1人が気楽。というおばあちゃんです。わずかな年金で細々と暮らしている方が大半。
 心の病で、インターネットを見て電話を下さった娘さん何度も自殺未遂を繰り返したそうですが、誰かに助けを求めているのです。生活援護課に同行しました。生活保護を申請して受理され、生活の安定と心の安定も得ることができたと喜んでくださいました。
 みんな生きるのに精いっぱい。町田市民なんだから、もっと市の援助が早くあったらと思います。
 人に暖かな市政。取り戻す選挙です。開発優先では市民の暮らしは守れません。

 今日は、笠井亮衆議院議員が応援に入ってくれたので、町田駅前と、小山田桜台で街頭演説を行いました。氷雨降る中、開始時間前から、大勢の皆さんが聴きに来てくださいました。
 みんなの思いをしっかり胸に刻んで、頑張ります。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-02-11 23:51