こんなに丁寧にわかるように話してくれたのはあなただけ

 2月に入りました。とたんにまさかの大雪!
 昨日は、宣伝カーで、相原、小山、矢部地域に行きました。散歩中の方、わざわざ声を聞いて5階から下りてきてくださった方、郵便局に行く途中声がしたからと宣伝カーのところまで来てくださった方。バイクを止めて握手をし、「頑張れよ」と励ましてくださった方などみなさんの共産党への熱い期待を感じます。曇り空を吹き飛ばすような、勇気をいただきました。
 
 お昼過ぎからぽつぽつ降り始めてきた雨は夕方には雪に変わりました。6時過ぎからの会議を終えて外に出ると車は真っ白な雪におおわれていました。久しぶりの雪でした。
 
 今朝は相原で行う予定だった朝の駅頭宣伝はお休みにして、明日要請に行く予定の、綾瀬市で米軍機から鉄パイプ状のものが落下した事件についての厚木基地司令官に対する要請文などを作りました。

 先日お訪ねした高齢の独り暮らしの方は、「市役所建設は止めさせられるの?」と質問されたので、今の工事はまだ5億円の基礎部分であることや、違約金を払えば止めることができること、鹿島建設がどれほど問題のあるゼネコンなのか、市長を変えれば止めることができることなどをお話ししました。
「こんなにわかるように話してくれたのはあなただけです。他の議員さんはもう決まったことだからというばかり。特養ホームいっぱい作ってほしい」とその方は要望してくださいました。
 風邪をひいて、胸が苦しいのに「薬を買ってきてほしい」と誰にも言えず苦しんでいるお年寄り。「塗り薬買ってきましょうか」というと「医者にも行っているし、息子に頼むから」と遠慮されましたが。
 高齢の独り暮らしの皆さんが増えました。1日も早い高齢者見守りネットワークを拡充することが求められています。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-02-02 12:53