豪雨・地震・日照不足の夏

 今朝5時7分ごろ地震で目が覚めました。揺れは長く、起きて息子の部屋のドアを開けて、「地震だから起きなさい」と声をかけましたが起きる気配もなし。後で聞いたら全然気がつかなかったとのこと。
 静岡県を中心にした地震でした。東名高速道路の盛り土が崩れ、通行止めとなり、新幹線も止まり、お盆休みに入る交通が混乱していますが、被害にあわれた方も多数いらっしゃいます。
 先週からは豪雨で、土砂崩れ、水害で犠牲になられた方が出てしまいました。この夏は梅雨明けしないまま立秋を迎えた東北地方など天候不順です。
 農作物も実らず、お米はやや不良とか…。スーパーでも野菜が高値です。
 地球が何か警告を発しているのかもしれません。
 今日は午前中インターネットで、日本共産党の中央委員会本部で行われた、全国決起集会のライブ中継を視聴しました。選挙情勢と取り組みの到達、選挙の方向をリアルタイムで視聴できるのも便利ですが、世界中の人に発信しているわけですから、開かれたものです。まさに日本共産党のあるべき姿を全部お見せしますというようなものです。すごいというか、ここまで…というかウソもハッタリもない潔さです。
 自公政権を退場させ、新しい政権ができた時にどういう政治がおこなわれるのか。大転換期を迎えつつあることの実感が迫ってきました。

 「歴史の1ページを開く瞬間が迫っています。ボロボロのページをめくった後に出てくる真っ白いページに歴史を刻む時が。
 そこに生まれるであろう民主党中心の政権では問題は解決できないことも国民がやがては見極めるでしょう。そして大激動の政治が生まれることも必然的に起きてくるでしょう。
 でもそれは自然発生的には進まず、日本共産党が伸びることで次のステップに踏み出すことができます。
 それはまさに日本共産党の綱領が求めている国民が主人公の民主連合政権への第一歩となるでしょう。」
 
 このように志位和夫委員長は報告しました。
 一人ひとりの頑張りが求められているんだよ。国民の苦難を軽減する大切な総選挙なんだよ。と心にたたみこみました。
 平和を考え、行動する八月。その月に行われる総選挙。頑張り甲斐があります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-08-11 22:48