本当の経済対策は?

f0020662_1860100.jpg
朝から雨。まだ梅雨が明けないような鬱陶しい毎日です。じめじめした天気に気分もパーッと晴れないから不思議です。大雨による洪水、竜巻、長雨で日照不足のため野菜が高値です。農家泣かせのお天気、早く安定した晴れが続かないかなー。

 今日は午前中から、東京土県労働組合町田支部の忠生第二分会の40周年記念式典と祝賀会が行われ出席させていただきました。建設労働者とその家族の組合である土建組合とは、毎年懇談会などもさせていただいていますが、この不況のあおりを受け、仕事がない職人さんが増えている折、経済対策に何が必要かはおのずと答えは出てきます。
 来賓の前国会議員が、エコカーや外断熱の家建設促進などが景気回復の決め手のような話をしていましたが、白けた雰囲気が漂いました。
 この不況の原因を作ったのは、自民公明政権です。総選挙でくらしを守る政治を実現しましょうと、私は話をさせていただきました。
 
 祝賀会では、町田青海波というチームのメンバーがエイサーを元気に踊ってくれました。三線を引いて歌っていたのが、K君という亡き息子の小学校からの親友でした。
 終わって話をしましたが、弱視という障害を持ちながら、自分の好きな沖縄民謡をなりわいにして頑張っていました。久しぶりの再会でとてもうれしく、家に帰って、息子の遺影に「旧栗君に今日会ったよ」と報告しました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-08-02 18:06