ブルーベリー実る頃  都議会に細野さんをおくりたい・・・

f0020662_18185919.jpg
今年の梅雨は梅雨らしい梅雨とはいえない毎日ですが、晴れる日も少なくて湿気はジトジト。サウナ状態です。
 昨日は午前中雨が激しく降る中「障がい者問題の明日を考えるつどい」が開催されました。「つどい」では、日本共産党障害者後援会の市橋博さんから障がい者をめぐる情勢が話され、会場からは七生養護学校で教員をしていた方から、養護学校の性教育に対して自民党民主党議員の教育内容への介入が行われたことなどの発言に始まって、人工透析を30年以上している方は、東京都の制度として自己負担ゼロの制度を作ることに頑張ったのは日本共産党都議団だったと話してくださいました。
 また脳性マヒの市橋さんの小学校時代の恩師という方も見えて、石原都知事の障がい者に対して「ああいう人たちには人格があるのかね」発言は許せないと発言。
 元養護学校の教員だった細野りゅう子さんの思いと決意が語られ障がいを持つ当事者のみならず、家族、施設の方、教員など幅広い参加で充実した集いになりました。

 選挙前の日曜日、地域では集まりも持たれ、小山地域では後期高齢者医療の学習会も開かれました。夕方、相原へ。町田街道はのろのろ渋滞。多摩境通りから下りてくる車で生活道路も詰まっていました。土・日の渋滞は最近ますますひどくなっています。
 ようやく相原駅西口について、Hさんからブルーベリーを受け取りました。
 Hさんは山梨の実家の農園で、ブルーベリーを育てています。週三回くらい山梨通いをするとか。本当に大変な作業だそうです。雑草と、照りつける太陽との戦いの末に艶やかな実を収穫することができるのですね。この種類はブルーゴールドダローというそうです。すっぱいものを連想しますが、しっかりと甘い美味しい実です。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-06-22 18:18