議会改革調査特別委員会のすべての調査項目が終結しました。

 今日は議会改革調査特別委員会が行われ、最後に残されていた市民と議会のかかわりに関する事項、「請願者の意見陳述」が2度の試行を経て、9月議会から施行されることに決しました。
 また、議員の身分等に関する事項については、現行のままで問題がないという結論に達し、今後にゆだねることとなりました。
 2006年9月から始まった特別委員会。北海道栗山町、旭川市、三重県議会視察など他の自治体の経験や先進例などに学びながら、約3年間かけて、町田市議会を市民にとってよりよいものにしていくために検討を重ねてきました。政務調査費ハンドブックを作り、より透明な政務調査費の使途基準を明らかにし、市民の請願権を保障するために、意見陳述ができる制度を作ることができました。
 こうしてみると町田市議会は、民主的な運営がされていたことに改めて気付かされました。今後もより開かれた議会運営を行うためにこの経験を生かしていきたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-06-16 21:47